新型インフルエンザは感染力が強力!

ここ二週間で、新型インフルエンザの感染が身近になってきましたねえ
新型インフルエンザH1N1とは、当初は『豚インフルエンザ』と伝わっていましたが、豚から人へ感染し始めてから『新型インフルエンザ』と言われるようになったんですよねえ。
 弱毒性と言われていますが、感染力はかなり強力ですねえ季節性のインフルエンザは、乾燥する時期に流行し始めて、翌年の梅雨時期に終息するのが通常なのですが、H1N1型は夏の時期から感染が続いて現在に至っているわけですから、要注意ですねえ
 ここ最近のテレビやインターネットの情報を見ると、低年齢層が特に感染しているように思えますねえ自分の地域の小学校は、子供の感染が28名で、保護者は1名と言う情報もあり、低年齢感染は間違いないようですよ!
 だからと言って、大人は大丈夫と言うわけではないんですよねえ感冒もインフルエンザも感染してしまったら、医療機関にかからないと治癒するまでには時間と体力がかかるでしょうねえ
 とにかく予防が一番です。罹ってしまったら買い薬を飲んでも焼け石に水
自分なりの予防方法として、疲労を溜めないことと、栄養の補給を怠らないことです。特に、ビタミン系は、人の体内では作られることがありませんから、年中を通しての栄養剤の補給と、果物や野菜からのビタミン補給を実行していますそのおかげでしょうか?5年ぐらいは発熱もありませんし、もちろん、インフルエンザは無縁感冒も鼻水程度で終息しています。
 以前にもお勧めしましたが、湧永製薬の『レオピンファイブ・ネオ』と言う滋養強壮剤は、ニンニクのエキスを熟成させたサプリメントですが、70歳を過ぎた父親・母親も定期的に服用してますが、現役で農業をしていますが、寝込むような病気をしたことがありませんよ
 とにかく、体に隙を見せると、病原菌は狙っていますよ。
画像





インフルエンザ 対策に! マスク 50p
non

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

感染弱者のための新型インフルエンザ対策
アニカ
山村 武彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ちゃとで~す
2009年12月18日 18:45
先日はいきなりお邪魔して失礼いたしました。
奥様にお仕事お休みまでさせてしまい申し訳ないです。
今度は柏の我が家にも遊び来て下さいね。

さてさて、インフルエンザ流行ってますなぁ~。
我が家の娘の小学校でも、全体の半分くらいが学級閉鎖になりました。
幸い、娘のクラスは無事でしたが…。
予防は勿論大切だけど、やっぱり普段の生活がなにより大切かと…。
(不摂生の自分が言えた義理ではないですが)
我が家ではここ数年家族で東京ドームの巨人戦へよく足を運んだりしてるのですが(今シーズンは家族では20試合くらいかな?)、そこで知り合った仲間で、いつも子供連れで来ている男がいます。 子供同士も仲良くなったのですが、夏過ぎあたりから子供を連れてこなくなりました。
理由を聞いたら「インフルエンザが怖いので、人混みに連れて行くのは絶対ダメ!と妻に怒られた」という事で、泣く泣くV3決定の試合も1人で来てました。
その1ヵ月後クライマックスシリーズの時に再会、話を聞いてビックリ「娘がインフルエンザかかっちゃったよぉ~」だ、そうです。 あんなに気をつけていたのに…。
(続きます)
ちゃとで~す
2009年12月18日 18:46
(続きです)
一方の我が家の娘は、予防策は全然施さず人混みは大好き…免疫が強いのか風邪ひかないバカな父親に似たのか…(^^;;
ひとつだけ無事なところで心当るのが、子供達が自分で動くようになってからはインフル対策等は考えず日々の当然の習慣として、家に帰ってからのうがい手洗いだけは「これでもか!」というくらい入念にしています。

まぁ、健康に大切なのは何より、食事・運動・睡眠。
既に70を超えて、未だに現役バリバリのウチの親父が常日頃から有言実行してますわ(1日50品種以上の食物を食べる、週末はゴルフ&自宅には各種トレーニング器具があり1日1時間は体を動かす、1週間の平均睡眠は必ず7時間以上になるように調整…とても、自分にはマネ出来ません)
年末年始、何かと会合が増える時期ではありますが、お互い気をつけましょう。

また、時々ブログ覗きにきますね。
ではでは(^^)ゞ

この記事へのトラックバック